오믹시스

オミックシスは様々な生命現象を明らかにする学問である 「オーミクス(omics)」と「システム(system)」を合成した言葉で、
「生命情報を扱うところ」という意味です。

ミッション

人類の幸福と健康づくりに貢献

沿革

2008

  • 農林水産食品部ベンチャー農業創業コンクール優秀賞、
    技術創業パッケージ最優秀賞(大田・忠南地方の中小企業庁長)を受賞
  • 全国農業アイデアコンクール銀賞受賞
  • ISO 9001/ ISO 14001の品質、環境マネジメントシステムの認証を得る
  • ベンチャー企業確認(技術保証基金)
  • 教育科学技術部研究開発サービス業の認証を得る:生物情報分野1号
  • 株式会社オミックシス設立(韓国生命工学研究院バイオベンチャーセンター)

2010

  • 知識経済部に工場登録(韓国生命工学研究院内)
  • 生命産業DNA展で農林水産食品部長官に表彰される
  • 知識経済部の大徳研究開発特区の入居企業に承認される

2011

  • 韓国発明特許大展銅賞(シール種子の製造技術)
  • 全国知的財産経営人大会の優秀知的財産経営人賞を受賞
  • 知識経済部/韓国デザイン振興院の優秀デザインに選定(GDマーク獲得)
  • 大田広域市の有望中小企業に選定
  • 特許庁、大田テクノパーク知識財産スター企業に選定

2012

  • ソウル国際発明展特許銀賞、デザイン銀賞を受賞(シール種子の製造技術及び製品)
  • 企業付設研究所に認定(韓国産業技術振興協会認証)
  • 大田広域市技術事業化総合支援事業者に選定
  • 韓国発明振興会の優先購入推薦事業に選定

2014

  • 農工商融複合企業として認証を得る(農林畜産食品部、中小企業庁)

2015

  • 兵務庁修士・博士専門研究要員の兵役指定事業者に指定
  • 香港のMAMAに参加
  • KCON USAに参加(大中小企業協力財団)
  • 日本AGRITECH(5th International Agricultural Material
    &Technology Expo Tokyo)に参加
  • ソウル支店設立(ソウル大峙洞)
  • 韓国科学技術院(KAIST)の共同出資で企業研究所の子会社設立:(株)ツリーアンドリンク
  • チップスタウン入居(ソウル)
  • 農林畜産食品部優秀ベンチャー技術として紹介
  • 2015年のグローバル創業技術開発事業(TIPS)に選定(中小企業庁)

2016

  • 大田広域市の有望中小企業に選定
  • 日本のAGRITECH(6th International Agricultural Material
    &Technology Expo Tokyo)に参加
  • アジア太平洋種子総会(APSA)の正会員に登録
  • 日本のGPEC展示会に参加
  • オランダのGREENTECH展示会に参加
  • 韓国種子協会の正会員に登録
  • 信用保証基金ベストバリュー企業として認証を得る
  • 特許庁IP&RD戦略支援事業に選定
  • 民間育種研究団地への入居企業に選定
  • 種子業登録(野菜、花卉、その他の作物の3つの分野)

2017

  • 技術革新型中小企業(Inno-Biz) 選定
  • 技術専門企業(K-ESP)指定
  • ベンチャー企業認証(韓国ベンチャーキャピタル協会)
  • NICE 技術評価優秀企業認証
  • 慶北テクノパーク入居 (支社設立)
  • 軍威慶北大親環境研究センター入居(企業敷設研究センター設立)
  • 金堤民間育種研究団地入居

受賞及び認証実績

2016

  • 大田広域市有望中小企業に選定
  • アジア太平洋種子協会(APSA)のメンバー
  • 信用保証基金Best-Value企業として認証を得る

2015

  • グローバル創業技術開発事業(TIPS)に選定(中小企業庁)

2014

  • 農工商融複合中小企業として認証を得る

2012

  • ソウル国際発明大会の特許銀賞、デザイン銀賞を受賞
  • 企業付設研究所産業技術協会に認定を受ける

2011

  • 韓国発明特許大展で銅賞受賞
  • 全国知的財産経営人大会で優秀知的財産経営人賞を受賞
  • 大田テクノパーク知的財産IPスター企業に選定(特許庁)

2010

  • 生命産業DNA展で農林水産食品部長官に表彰される

2008

  • ベンチャー農業創業コンクール優秀賞受賞
  • 技術創業パッケージ最優秀賞受賞
  • 全国のアイデア農業コンクール銀賞受賞
  • 教科部の研究開発サービス業として認証を得る

研究開発

ゲノムなどの生命情報の分析を利用し、バイオマーカーを開発
人間の病気の診断、病原菌/動植物などの生物種判別、バイオセンサーの開発.

生命情報分析

Bioinformatics

  • 国立植物検疫院の検疫害虫DNAバーコードシステムの構築
  • 農村振興庁の世界中の植物ウイルス診断プローブの開発
  • 環境省の朝鮮半島DNAバーコードシステムの開発
  • 国立中央科学館の生物種の多様性遺伝子システムの開発

種子パッケージング

Seed Packaging

1. 種子パッケージング技術

  • 種子市場の革新的な技術!
  • 種子を特殊加工処理してパッケージングした(株)オミックシスの特許技術
  • 土の表面に置き、水を散布するだけで播種完了
  • 植物工場、育苗場、都市農業などに利用

2. SEEDMO®

土の表面に撒き、水だけ与えれば播種が完了する製品

Benefits

  • 播種の難しい微粒種子などの播種自動化
  • 植物工場で栽培棚に直接播種
  • 播種後の発芽促進、水分保持
  • 少量の種子を単位包装して流通/保管が容易
  • 一定の発芽条件を誘導
  • 播種/育苗人件費の節約

種子育種

Breeding

1. 育種方向性

  • 施設栽培用の野菜品種中心
  • 施設栽培用の機能性植物(ハーブ類、薬用植物など)が中心
  • 海外市場に比重を置く品種開発
  • 分子マーカーの開発とこれを活用した新品種の開発
  • NPBT(New Plant Breeding Technology)の開発

2. 金堤の民間育種研究団地に入居

製品紹介

画像をクリックすると、様々な製品をご覧いただけます.

映像

オミックシス最新映像

ニュースルーム

オミックシスの報道資料と最新ニュース

小さな種で世界を制する

人の遺伝子情報を明らかにした「ヒトゲノムマップ」のように、動物、植物、微生物などが持つ情報を称して「生命情報」と言う。生命情報はゲノム革命を導く核心的な資源であり、農業、食品などの新製品の開発に広く活用されている。バイオ産業が主要産業として注目される最近では、世界的に生命情報関連の市場への関心が高い。韓国生命工学研究院出身の研究者が集まり作ったオミックシスが、最近香港で開かれた「2015 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」で多くの海外バイヤーたちの視線を虜にしたのはごく自然なことである.

韓国農畜産業祭り2015先端農業技術博覧会

アジュ経済チェジョンボク記者=韓国最大の展示場であるキンテックス(代表取締役イムチャンヨル)は18日から4日間、「2015先端農業技術博覧会(以下AATE2015)」をキンテックス10ホールで開催する。今年で2回目を迎えるAATE2015では、▲スマートパーム/融複合技術(ICT、BT、NT)館▲先端農業機械/農業資材館▲環境にやさしい農業資材館▲先端畜産機械/資機材館▲先端農業用ドローン館▲6次産業館(帰農帰村/都市農業/創農)などのテーマ館に国内外の強小企業150余社が参加し、先端農畜産業の技術の現状と今後のトレンドを提示する予定だ.

「韓流に乗って米国へ〜」大・中小企業が共に海外市場開拓

[エネルギー経済ヨヨンレ記者]中小企業庁(庁長ハンジョンファ)はCJE&M、大・中小企業協力財団、KOTRAと共同で米国現地時間の7月31日から8月2日まで、米国LAで最大規模の韓流文化フェスティバルである「KCON2015USA(LA)」と連携し、「優秀重機製品展示・販売展」を開催したと2日、明らかにした。「KCON」(コンサート、コンベンション、コンテンツを組み合わせたK-pop公演及び韓流文化イベント)は、CJE&Mが過去2012年にカリフォルニア州アーバイン(Irvine)で初開催した韓流コンサートで、米国各地に韓流文化を紹介すると共に韓流ファンとの出会いと交流の場を提供する米国最大の韓流文化フェスティバルだ.

オープントレード主催、生涯初のOpen IR盛況裡に開催

4月30日、ソウルテヘラン路に位置するスタートアップアライアンスでオープントレード(スタートアップクラウドファンディング及びエンジェル投資プラットフォーム、代表コヨンギ)の主催で「生涯初のOpen IR(以下オープンIR)」イベントが開かれた。オープンIRはバイオ、ハイテク、エンターテイメント、ファッションの分野で革新を試みるスタートアップを紹介し、投資のポイントを発掘するという趣旨で企画された行事だ。120人余りの聴衆が参加した中で行われたこの日の行事には、クーリッジコーナーインベストメントのグォンヒョクテ代表、キーストーンラブスのキムジョンソク代表、SJ投資パートナーズのナムボミルチーム長、マゼラン技術投資のイジエ課長、ブラザーズエンジェルクラブのガンダルチョル総務がメンターとして参加し、プラターム、ビーサクセス、ベンチャースクエアがメディアパートナーとして参加した.

海外のバイヤー、「特区企業の高い技術力に関心」

特区内企業の海外進出への意志と、海外バイヤーらの技術中心の特区ベンチャーに対する高い関心の中、今年初めて開かれた「2014年特区企業の海外進出輸出商談会」が盛況を成した.

[有望中小企業]、肯定と挑戦のDNA...勢いに乗った彼らの疾走

夢を見ない者にビジョンはない。努力しない者にとって夢は妄想である。ここに努力し、夢見る人々がいる。昨日を教訓に今日を生き、今日を土台に明日を設計する65の猛々しい木々が新たな跳躍台に立った。大田市指定の「2016年有望中小企業」がその主人公だ。同じようでいて異なり、違うようでいて似ている彼らが大田の未来を導く有望中小企業という名前のスクラムを組んだ。豊かな暮らしを願う大田の明日を夢見る65社の企業を紹介する.

中小企業庁、チップス後続投資協約式とGMDマッチングデー

中小企業庁は1日、ソウルチップスタウンで民間主導型チップス(TIPS・民間主導型の技術創業支援事業)創業チームの投資協約式およびグローバル市場開拓専門会社(GMD)マッチングデーを持ち、後続投資の成果普及とグローバル市場攻略の橋頭堡を調達するのためのイベントを開催した。後続投資協約式で4つの創業チーム(ドット、シリウス、オミックシス、ルクスロボ)はアイデアブリッジなど、後続投資会社から合計110億ウォンを誘致した.

日本の施設園芸・植物工場展探訪記②日本市場攻略に出た韓国企業/欧州も驚いた技術水準...企業同士協力してこそ輸出拡大 - 韓国農漁民新聞

日本の東京で、この7月27日から29日まで開催された第4回施設園芸・植物工場展に韓国農業機械工業協同組合所属のメンバー11社が参加し、活発なプロモーション活動を展開した。韓国の場合、施設園芸技術は日本から取り寄せたものが多い。日本が停滞していた過去20年間、国内メーカーがそれなりの技術進歩を成し遂げ、今ではヨーロッパが驚くほどの技術力を保有するというのが関連企業の自己評価である。展示会で注目された韓国企業を紹介する.

創業企業と技術の碩学らが成功のために手を取り合う

韓国最高の技術碩学らが会員として参加している「韓国工学翰林院*」がベンチャー創業政策を総括する中小企業庁と手をつなぎ、有望な技術創業企業の成功のために一肌脱ぐ。*95年10月に設立された機関で、産業・科学技術などの分野で900人以上の専門家の会員を保有し、技術、経営、政策諮問、工学技術振興などの業務を遂行する。6月8日、中小企業庁(庁長ジュヨンソプ)と韓国工学翰林院(会長オヨンホ)は、ソウルパレスホテルで技術創業企業の能力強化のための業務協約(MOU)を締結し、「K-スタートアップサポーターズ」発足式を開催した.

「2015先端農業技術博覧会」、18〜21日キンテックスで開催

京畿一山キンテックス(代表取締役イムチャンヨル)はこの18日から21日までの4日間、「2015先端農業技術博覧会」(以下、AATE2015)を開催すると11日、明らかにした。今年で2回目を迎えるAATE2015は▲スマートパーム・融複合技術館▲先端農業機械・農業資材館▲環境にやさしい農業資材館▲先端畜産機械・資機材館▲先端農業用ドローン館▲6次産業館(帰農帰村・都市農業・創農)などのテーマ館に分かれ、国内外の強小企業150余社が参加する中、先端農畜産業の技術の現状と今後のトレンドを提示する予定である.

不思議なシール種子

2日午前、世宗市政府世宗庁舎の農林畜産食品部で開かれた農食品ベンチャー創業の優秀製品展示会でウテハ(左)オミックシス代表取締役がシール種を披露している。2015.06.02.

ベンチャー成功「大徳物語」

BTとITの融合により生命情報が明らかにされる。主要役員である生命工学研究院出身者が団結して人の遺伝子情報を詳しく明らかにした「ヒトゲノムマップ」のように、動物、植物、微生物などが持つ情報を称して「生命情報」と言う。特に最近、ヒトゲノムマップのように生物ゲノム情報を産業的に活用しようとする試みが増え、大量の生命情報を作成し分析する技術が開発され、関連市場が大きくなっている.

アクセス

オミックシスの位置情報